ロゴデザインを外注で制作してもらうときの注意点

ロゴデザインは、一見簡単に作ることができそうですが簡単にできたものは対して愛着が出ないものになります。当然ながら、それを作るとしてもデザインのセンスがなければ意味がありませんので最初から自分では難しいと感じるならば外注をした方がよいでしょう。

 

外注する場合には、制作をしてくれる会社を一つ選ぶ必要がありますが、業者ならばどこでもよいわけではありません。中には、いい加減なデザインをするようなところもあり高い料金をむさぼる可能性があります。もちろんそのような会社はほとんどありませんが、運が悪いとそのような悪質な業者につかまってしまうことも考えられるでしょう。

 

基本的に、契約を急がせるような業者や甘い話しをしてくるところには依頼しない方がよいです。甘い話しとは、今契約をすれば50パーセントオフでデザインをしますといった内容のところはいい加減な業者の可能性が非常に高いです。契約を焦らせる場合とは、例えばキャンペーンは今日までですので今日中に返事を頂ければ半額にしますが、そうでなければ半額にはしませんといった告知をすることです。そのようなことをいわれると、顧客もあせってしまいますが本当に信頼できる会社は顧客の話しをよく聞き顧客の都合に合わせてくれるでしょう。