ショップカードはお店の顔。しっかり制作しよう。

デザインが良ければ、手にしてもらいやすい

お店のレジ横などには、ショップカードと呼ばれおる店の情報が記載された名刺のようなものが置いてあります。これはお客がこの店に来てよかったなと思った時、もしくはショップカードのデザイン性が優れていたり、好みだったりした場合に手にするものと言えるでしょう。

来店してしばらくの間は印象に残っているお店であったとしても、たいていの場合しばらくすると薄れてしまうでしょう。しかし名刺を手に取ってもらえれば、偶然にそのお店を思い出すチャンスが増えることになります。そしてその名刺を手にした人が、友達や家族などに名刺を渡し、紹介してもらえる可能性も高まります。このようにショップカードはお店の顔であり、リピーターや新規の客を得られる可能性が高まるため、制作する場合にはしっかり制作する必要があります。

 

ショップカードに記載すべき内容

ショップカードを制作するにあたり記載すべきこととしては、店名や住所、電話番号などの基本情報のほかに、お客さんにとって利益になる情報があると良いでしょう。お店の地図をわかりやすく掲載することで、お客さんが足を運びやすくなるともいえます。また、お店の雰囲気に合わせたシンプルでインパクトのあるデザインやロゴがあると、お店の雰囲気を想像し、引き付ける効果があるといえます。

 

ショップカードの制作について

ショップカードのデザインは、効果を左右するものでもあります。そのため個性的なデザインに強みを持つ印刷会社に発注した方がよいといえます。ショップカードは、片面には店名やロゴを入れて、もう一方の面にはお店の情報などを印刷するため、両面カラーで印刷することがほとんどです。そのため片面で白黒だけの名刺よりも少し予算は高くなるといえるでしょう。少しでも費用を抑えたいという場合には、無料で利用できる名刺作成ソフトウエアなどもあるので検討してみると良いでしょう。