名刺・ショップカードのデザインを依頼する時に気をつけること

ビジネスをしたり、お店を経営したりするうえで、新規の顧客やリピーターを獲得するためには名刺やショップカードは欠かせないアイテムです。

そんな名刺やショップカードを作成するためにデザインを依頼するときには、いくつか気をつけなければいけない点があります。

名刺やショップカードのデザインを依頼するときにまず重要になるのが、どんな事業を行っているのか、どんなお店を経営しているのかということが分かりやすいデザインを心掛けるということです。せっかく名刺やショップカードを相手に渡したとしても、その相手が後日見返したときに思い出してもらえないのでは、新規の顧客やリピーターの獲得にはつながりません。

また、名刺やショップカードを作成するのであれば名前・役職・住所・電話番号・携帯番号・メールアドレス・SNSのアカウント・ホームページアドレス・地図といった情報を載せることになります。しかしながら、このときに気をつけなくてはいけないのが、情報をたくさん盛り込みすぎないようにするということです。自分やお店のことを相手によく知ってもらおうとしていろいろな情報を盛り込んだとしても、情報が多すぎて分かりにくくなってしまっては意味がありません。

 

情報は余裕を持たせて、見やすくしよう

さらに、情報がごちゃごちゃと載りすぎている名刺やショップカードは、ただ分かりにくいというだけでなく、目が疲れてしまうため見る気にもならないと思われてしまう可能性もあります。表も裏も適度に余白を残してスッキリとしたデザインにした方が、相手に不快感を与えるようなことにもならなくて済みます。もしカラフルなデザインにしたい場合にも、文字が見づらくなってしまわないように気をつけましょう。

 

名刺やショップカードのサイズは規格内に収めるのが親切

また、名刺やショップカードを作成するときには、一般的なサイズや形のデザインにすることも大切です。名刺ホルダーや財布に収まるような、受け取った相手にとって保管しやすいデザインにすることを心掛けるようにしましょう。

ショップカードのデザインに力を入れることは宣伝になる?

ショップカードはお店の名刺でありコストもそれほどかからないので、気軽に製作をすることができます。気軽に製作をすることができるのですが、大事なことはあまりお金がかからないからといい加減に作るのではなく、デザインに力を入れて作ることが大事なことになります。

ショップカードはお店の顔。しっかり制作しよう。

お店のレジ横などには、ショップカードと呼ばれおる店の情報が記載された名刺のようなものが置いてあります。これはお客がこの店に来てよかったなと思った時、もしくはショップカードのデザイン性が優れていたり、好みだったりした場合に手にするものと言えるでしょう。

個人の名刺で自分をブランディングしよう

名刺は自分の名前を覚えてもらうための大事なビジネスツールですが、名前と連絡先を記入しただけの簡素なものを使っているという人も少なくありません。最終的に物を言うのはその人の能力や人柄といったものですから、名刺が簡素なものであったとしても魅力がある、インパクトのある人はそれだけで名前を覚えてもらうことはできるものです。

名刺って必要?きちんとした名刺を持つべき理由

近年ではビジネスだけでなく、その他のシーンでも大いに役立っていいます。そもそも人間は潜在的に人とのつながりを意識しているものです。その中で名刺は、人とのつながりを維持するための貴重なアイテムと言えるでしょう。これから仕事を一緒にしていこうという営業先の人にも名刺は渡すことになります。

links

名刺デザイン・ショップカード作成

チラシデザインのASOBO DESIGN

広告デザインの作成依頼

広告デザイン事務所AMIX

パッケージデザインの制作依頼

ラベル・商品パッケージの作成 PACK LABO